大腸検査で内視鏡を使用

大腸は、体の中で大変重要な存在です。近年、多い病気に大腸ガンがありますので、検査は重要です。内視鏡を使用して大腸検査を行います。部分麻酔や全身麻酔などで痛みはなく安心です。中年になりましたら年に1回はしておきましょう。中年になると運動量の低下で代謝が悪くなり、血流も悪くなります。また、生活習慣やストレスが原因で肥満となり、悪玉菌の増加にも繋がり、腸内が危険になります。検査をしておきますと安心します。善玉菌の減少で悪玉菌が増加しますと色々な症状が出てきます。疲れやすくなったり、排便にも影響が出たり、便やおならの臭いがしたり、軟便になったりします。腸内が不調になりますと、改善したり治療したりしなければなりません。食事の改善や生活習慣の見直しを検討しましょう。健康な腸で、毎日の排便で健康になりましょう。

大腸内視鏡で病気の早期発見を

大腸内視鏡検査を受けることは、大腸ガンなどをはじめ、さまざまな病気や不調の原因の早期発見に役立ちます。しかし、どんな検査なのか不安な方も多いでしょう。どんな検査なのかというと、大腸にカメラを入れて腸内部を見ていく検査となります。具体的には、肛門から細くて長いフレキシブルなカメラ(内視鏡)を入れていくのですが、肛門からカメラを挿入するためには、便があってはいけません。大腸内をからにしておく必要があります。そこで、検査を受ける方は、検査の前よりひたすら水(薬入り)を飲んではトイレに行って排せつをして、というのを繰り返します。下痢が続くので気持ち悪いですが、じょじょに排泄物は無色透明に近づいていきます。排泄物を見て、腸が空になったと医師からのOKが出ると、いよいよ内視鏡の挿入です。ベッドに横になっておけば、あとは医師が慣れた手つきでおこなってくれます。

大腸内視鏡の検査について。

大腸内視鏡検査というものがあります。ガンの早期発見が重要となっている今、欠かせないものといえます。また、便秘が続くなど、自分でもおかしいなと感じる場合、受けておくとよいです。ガンというものは、自覚症状がでてからでは遅い場合もあるため、ある程度の年齢になれば積極的に検査を受ける必要があります。方法は内視鏡を肛門から挿入することになり、大腸全般を観察することになります。それで問題がなければ安心です。また、早期ガンをしっかり見つけるには、最も有効な手段といわれています。精度も高く、この方法がよいですが、人によっては恥ずかしさから受けないことも考えられます。しかし、検査であることから、恥ずかしいことはありません。逆に言えば積極的に検査しておく方がよいです。検査は痛みもほとんどありません。このように健康を守る意識が必要です。