大腸内視鏡の検査を受けた後は

大腸内視鏡の検査は、大腸内をからにしておく必要がありますので、絶食のうえ、なんども薬の入った水を飲んで(下剤でしょうか)はトイレで大便を出すという行為を繰り返す必要があります。下痢を繰り返し、のちに腸内部はきれいになり内視鏡で隅々まで見ることができるようになります。検査が終わった後は、少し注意が必要です。異常所見が見られなければ、食事制限や行動の制限は特にありませんが、急に日常の生活に戻そうとすると、ふらつきや胃腸の不調を感じることがあります。強制的に下痢を繰り返し、体の内部のものを大量に出し、血圧も体内環境も変化をしているはずです。検査を受けた日や翌日は、特に慎重に行動をする必要があります。無理なスケジュールを組んだり、胃腸に負担のかかる飲食物の摂取は、しばらくの間は避けておいた方が良いでしょう。

内視鏡による大腸検査について

大腸の内視鏡検査は、前日から食事制限があります。なるべく消化の良いものを食べ、夜と当日の朝は絶食です。当日は朝から下剤を飲みます。腸の中が空っぽになるまで、約2リットルを少しずつ、二時間ほどかけて飲んでいきます。腸がきれいになったら、いよいよ検査ですが、先生の話では今はたいていの人は全身麻酔で行うようです。これは事前に担当の医師と話し合って決めてください。検査は30分もあれば終わりますが、麻酔をしている場合は覚めるまで休んで待つことになります。そしてその日のうちに帰ることができます。検査結果については、大まかなことは当日に教えてもらえますが、また後日に詳細な結果を聞きに行くことになります。大腸がんは日本人に多いがんの一つです。健康のため、検便や内視鏡検査など、大腸の検査を受けることはとても大切です。

定期的に大腸の内視鏡検査を

体が健康かどうかは外側を見るだけでは分かりません。体の外側に表れる不調は必ず内側の問題に起因します。乾燥する時期でもないのに肌が荒れたり、吹き出物ができたりする時は体内に溜まった老廃物が原因となっていることがほとんどです。「見た目をきれいに保つにはまず内側のケアから」とも謳われ始め、体内環境への意識も徐々に強まってきました。美容面でも健康面でも重要と言われるのが腸です。栄養の吸収と不要な物の排出を行うための器官で、ここが変調を来たすと体に毒素を溜め込むことになり、体調を崩しやすくなります。腸の状態は内視鏡で調べます。大腸は広い分特に異常が分かりやすいので念入りに調べてもらいましょう。問題の早期発見と迅速な改善が日々の健康に繋がっていきます。なんとなく体調がすぐれないと感じている人は検査してもらいましょう。

日本人で増加している大腸がんに対し、ポリープを発見することで事前に予防をして、健康を維持する実績を持ちます。 当院の診察及び予約受け付けは午前9時から午後19時、火曜日は午後14時まで、土日は午後16時までとなっております。 おなかの調子が悪いと感じたら、経験豊富な当病院に来ていただき、苦しくない内視鏡検査によるきめ細やかな診察を受けてみることをお勧めします。 大腸内視鏡の日帰り手術を行っております